迷宮のVenezia
e0087225_2271595.jpg
 水の都Venezia、東西の宗教戦争のせめぎ合いから孤高を保った都は、アドリア海に突き出した砂州の上に造られた。Venezia中心部はCanal Grande(大運河)に二分され、さらに入り組んだ水路がジグソーパズルのように細かく街を分けている。
e0087225_2273256.jpg 中心部には車道が無く、交通手段は徒歩かACTV(水上バス)しかない。それでも、少し離れた島に行く以外は全て橋が架かっているので、最初の2日間はACTVのチケットを買わずに歩き回った。しかしこれが何とも骨の折れる行程で、まるで迷宮を歩いているような感覚に陥るのだ。あちこちにサン・マルコ広場はこっちだリアルト橋はそっちだと看板が出ているのだが、何しろ日本人の感覚で従うと絶対そこにたどり着かない。矢印の意思表示が微妙にずれているとでも言おうか、まっすぐ先なのか先を左なのかそれとも後ろなのか、その決め手に欠けるのだ。Duomoの屋根を目印にすればどこからでも帰り着けるFirenzeが少し懐かしく思えた。
 3日目はMurano島に渡るために初めてACTVのチケットを翌日分も含めて24時間分買った。いざ乗ってみると、これも一筋縄ではいかない。軽く10以上ある路線がひしめき合っているので、どれに乗れば最終目的地につけるのかしっかり見定めなくてはならないのだ。ここでガイドブックが非常に役に立った、と言いたいところだが、Murano島に通じる路線が記述ミスで手前のSan Michele島までしか行かない事になっていて大いに焦った。現地でしっかりした路線図を手に入れるべきだったのだが、いったいどこで手にはいるのだろうか。
e0087225_228025.jpg
 それでもやはり一番面白かったのは道に迷っている間に色んな景色を見て回った事だろう。細い細い裏道に入って行くと観光客の姿は消え、閑散とした石畳に時折住人の足音が響く。ふと建物を貫いたトンネルの向こうに目をやれば、Canal Grandeの水面がきらきらと輝いて、少し街にとけ込めたような錯覚を見せてくれるのだから。

e0087225_2282710.jpg


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-04-30 23:59 |
<< 通りすがりの喜び 昼と夜の境目 >>