肝心なのはくつろぎ
e0087225_22242486.jpg Veneziaで荷物をほどいたホテルはどちらかというとB&Bに近い形態で4階建ての家だった。扉の呼び鈴を押しても誰も出てこないので、そこに下がっていたメモ書きを読んで向かいのリストランテに管理人を呼びに行った。ここまで陸上を延々重たい荷物を引きずってきただけに、トンネルのような暗がりの涼しさが心地よかった。
 ホテルを取り仕切っているのはStacyという名の気さくなアメリカ人女性、画家だそうだ。リストランテから駆けつけてくれたのはその旦那の方。向かいのリストランテでシェフとして働いている。彼の案内でチェックインを済ましたのだが、Veneziaのオススメ情報や地図、インターネット接続の方法は翌朝Stacyに聞き直す事になった。
 スーツケースを開けて一息つくと、そこは窓からは運河の支流が望める静かな部屋。喧噪のFirenzeの後だけに余計静かに感じる。
e0087225_22244037.jpg
 このホテル、星が少ないし観光名所から少し離れたところにあるので、最初はどうだろうと不安に思っていたのだが、予想を裏切って良いホテルであった。エレベーターこそ付いていないが木造の窓枠や手すりを見ながら古い大理石の階段を上り下りするのは気持ちが良い。朝は中庭に隣接したキッチンで用意されたコーヒーやパン、卵などを勝手に使って朝ご飯を作る。スイス、フランス、色んな国からやってきた客達と気軽に挨拶して一日が始まる。鍵はルームキーに建物の入り口の鍵がセットになって、外出する時も持ち歩く。フロント代わりの事務室に立ち寄るのは基本チェックインとチェックアウトの時だけ。中庭の他に最上階にもキッチンがあり、そこから屋上に出られて喫煙もできる。
 ベッドのシーツやタオルはエコ主義のStacyが極力替えないように決めたらしい。だから枕元にチップを置いておく必要もないし、乾燥しているからタオルもすぐ乾く。良くも悪くもほったらかしの宿なのだ。だからといって不潔な印象は微塵もない。毎日客室担当の従業員も通ってくる。これがどうも我々のツボにはまった。朗らかな性格のStacyの魅力だろうか、非常に魅力的な宿だった。
 英語もイタリア語もOKのAl Portico Guest House はヴァポレットの1番San marcuola から歩いてすぐ。駅からも歩けるが、旧型のスーツケースをお使いの方にはオススメしない。
e0087225_231472.jpg



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-04-26 23:00 |
<< 姿勢を正せ Perché?(ペルケ?) >>