ただいま
e0087225_012954.jpg 最終日、Teatro alla Scala(オペラ・スカラ座)の内部見学に潜り込んだ後、日本にあるコンランショップのようなセレクトショップ、10Corso como に行って暇をつぶし、マルペンサ空港へ。
 夕方に出発の成田直行便、アリタリア航空・JALコードシェア便は離陸するとすぐに真っ暗な闇に包まれた。インターネットチェックインで二階席を予約していたのだが、どうやら座席が埋まらなかったらしく、一階席に移動させられた。しかしだいぶ余裕があったらしく、3人掛けの席を我々二人で占有する事ができた。体の大きな私にはこういった事は重要な事なのだ。
 夕食の後機内の照明が消えると星空の鑑賞タイムだ。三人掛けを占有できたおかげで窓際から思う存分外を眺められる。気が付くとあっという間に東の空が白んでくる。東に太陽を迎えるように飛んでいるのだから当然だ。
e0087225_014496.jpg 私の座った右側、つまり南側の真横水平線上に大きなオレンジ色の光が現れた。方角から言うと東南から真南に近いと思うのだが、どうやら月の上半分が雲から出ているように見えた。どうしてそんな方向に見えたのか、さっぱりわからないながらもエンジンの上あたりに常に付き添うぼんやりとした明かりを眺めていると、またまた睡魔が襲ってくるのだった。
 そしてあっという間に次の日の夕方。感覚としてはまだお昼前なのだが、行きで時間が延びた分帰りで端折られる。成田エクスプレスに乗って一番先に感じた事は「日本は綺麗・清潔」と言う事だった。
 とにかく、何しろ2週間のイタリア周遊が終わった。長くてあっという間の二週間。何があって何を感じたのか、これからゆっくり吟味して記憶にとどめていかねばならない。


↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-04-16 23:59 |
<< 発つ鳥が残したもの 最後の日 >>