ミラブラ
e0087225_5561064.jpg Milanoと言えばブランドショッピングだ。街行く人はセンスも良く、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア周辺は有名ブティックが軒を連ねて買い物客を待ちかねている。とはいえ、我々はそれほど買い物をメインにしているわけではないので、彼女の数点の買い物に付き合ったら用は済んでしまう。
 昼からはMaurizioの所で知り合ったMilano在住のパイプコレクターにランチを誘われていたので連絡を取ってみた。タクシーで5分ほどのところにあるTabacchi兼レストランにはコレクター氏と恰幅のいい老人の姿が。毎週火曜日のランチはミラノ・パイプ・クラブの会合で、老人はそのクラブの創設者なのだとか。ミラノ・パイプ・クラブと言えばイタリアのパイプ作家を検索していた時にホームページをブックマークに入れていた経緯があるので、なんだか自分がその中に紛れているのが可笑しな気分だ。
 パイプクラブの面々はハム屋の社長だったり有名デザイナーだったり、パイプをくゆらしながら昼間から酒を飲んでいるとなんだかこちらまでリッチな気分になってきた。しかしリッチなのはもちろん気分だけで、午後からはまたお土産探しに走り回るのだった。
 明日は夕方まで街をぶらぶらし、とうとう直行便で帰国だ。Milanoのホテルはインターネットの接続が今ひとつなので、現地からのブログはこれが最後になるだろう。
e0087225_555260.jpg



↑ポチッとよろしく。
[PR]
by marshM | 2009-04-14 23:59 |
<< 最後の日 最後の都市へ >>